コーヒー豆選び!おすすめランキング

当サイトでは、おすすめのコーヒー豆を厳選し、ランキング形式でご紹介しています。その他コーヒーに関するお役立ち情報も掲載しています。

コメダ珈琲店の特徴や評判、人気商品は?

コメダ珈琲店

最近店舗数を増やし全国36都道府県に実店舗を置くコーヒーショップ『コメダコーヒー』は、株式会社コメダが運営するコーヒーチェーン店です。

愛知県名古屋市に母体を置き、経営の指向性としては、現行で流行するスタバなどシアトル系やサードウェーブ系とは異質ですが、確実に愛好者を持ち非常に人気があります。

【他のコーヒーショップとの違い】

コメダコーヒーは我が国で最初にコーヒーが流行した昭和の時代のコンセプトがそのままの形で残り、セルフが主流の現在流行しているコーヒーショップとは違い「ゆったりと気軽に過ごせる空間」であり、繁華街よりも地方、住宅街などに定着し「めかしこまなくても行ける」昭和時代の喫茶店文化がそのまま残されています。

 

店舗は広く清潔ですが、アバンギャルドな店内装飾ではなくログハウス調の広い店内に、日本の喫茶店では主流であったソファーに木のテーブルと落ち着きがあり、日曜の朝には家族連れで、または朝の時間帯をゆったりと過ごす高齢者の方を多く見かけ、みな普段着のままでくつろがれています。

 

このように現在席巻するコーヒーブームとは集客する年齢層のターゲットが違い、古くから「喫茶店」に慣れ親しんできた中年以降のお客に強い支持を受けています。

【お店の特徴】

コメダ珈琲店

コメダコーヒーは喫茶店文化が深く根付いている名古屋の形をそのまま採用しており、関東圏の方には馴染みのない「モーニングサービス」がヒット商品です。

オープンから11:00までコーヒーを頼むとトーストにゆでたまご無料で付くサービスは中部かた関西圏では一般的ですが、それ以外の地域の方はかなり驚かれるサービスです。

また名古屋の食文化の特徴である「大盛り志向」も取り入れ、フードメニューの量の多さも、一般的なコーヒーショップで提供されるものよりかなり多めの設定がなされています。

【コーヒーについて】

コメダ珈琲店

コメダコーヒーは生豆を買い付けて自社で焙煎したものを、地域工場にて抽出し、各店舗に送られます。

焙煎、粉砕、抽出までする流行のコーヒーショップからすると見劣りするかと思われますが、そこには長年日本人が培ったコーヒースタイルにマッチした風味があるのです。

1960年台頃から爆発的に増えた「喫茶店」で日本人は本格的なレギュラーコーヒーの味と、その特別な空間を楽しむことを知りました。

しかし家庭では依然としてインスタントコーヒーが主流であった期間が長く、家庭でレギュラーコーヒーを抽出する人はマニア的な存在であり、そういった状況の中で、日本人のコーヒーに対する味の好みは独特なものになったと言えます。

 

味覚には「記憶」という要素があり、いくら洗練された手法と高級と言われる原材料を使用したとしても、場合によっては低価格ながらも長年定着してきたものに味の面で惨敗してしまうこともあります。

コメダコーヒーの人気の秘密はそこにあり、実際に常連となる来客には古くから喫茶店でコーヒーを楽しんできた年齢層が多く、そこにはエスプレッソや高級豆では得られない懐かしさと、長年親しんできた、日本人が愛するコーヒーの風味があるのです。

 

提供されるメニューを入れるカップなども昔ながらのもので、大きめのマグやアイスコーヒーを入れる真鍮やアルミなどの金属カップに懐かしさを感じる方も多いようです。

現在店舗数を拡大していますが、ある種コメダコーヒーの動向は「復刻運動」とも言え、失われた昭和のコーヒー文化がまた味わえる・・という特別な情緒を味わうことができる空間なのです。

 

とは言ってもコメダコーヒーで使われるコーヒー豆の品質は良く、現地(キリマンジャロやインドネシアなど)で買い付けたグレードの高い生豆を自社焙煎していますので、数々の工夫により高いクオリティーは維持されています。

【人気商品】

コメダ珈琲店

コーヒーメニューとしてはブレンドが人気があり、昔はハイセンスなコーヒーとして知られたウィンナーコーヒーなども健在です。

フードメニューの充実はファミリーレストランに匹敵するほどで、中でもパンの上にホイップクリームをのせシロップをかけた『シロノワール』はコメダコーヒーの代名詞的人気商品です。

名古屋でしか存在しなかった、あんこがパンにのった「小倉トースト」も独創的な人気の一品です。

その他ケーキ類もあり、ボリュームのあるバーガーやサンドイッチ類、ランチとしてかつサンドやエビカツサンド、チキンナゲット、ピザやグラタンなど、さらにお大皿メニューとしてエビフライなどの揚げ物とサラダソーセージなどワンディッシュになったものもあります。

【まとめ・メニュー】

コーヒーはブレンドが420円(ホット・アイス)
焙煎後にパック詰めしたオリジナルレギュラーコーヒーも店舗で販売されています。

・レギュラーブレンド790円

・モカマタリブレンド1080円

現在流行するコーヒーブームとは全くちがう戦略により異彩を放つコメダコーヒーは、コーヒーそのものよりも、むしろ失くなりつつある日本の「喫茶店」をもう一度楽しめるコーヒーショップなのです。

コメダ珈琲の公式サイトへ

関連記事

上島珈琲店の特徴や評判、人気商品は?

ブルーボトルコーヒーの特徴や評判、メニューは?

      2015/05/19

 - 人気コーヒー店の特徴や評判