コーヒー豆選び!おすすめランキング

当サイトでは、おすすめのコーヒー豆を厳選し、ランキング形式でご紹介しています。その他コーヒーに関するお役立ち情報も掲載しています。

コーヒードリッパーのそれぞれのメリット・デメリットを詳しく解説

【はじめに】

気軽に淹れたてコーヒーを楽しみたいならコーヒーメーカーが定番ですが、本格的に楽しむならドリッパーを
使ってみることをおすすめします。

多少の手間はかかりますが、コーヒーを淹れる際の楽しみの一つでもあります。

こういったこだわりを持つことで自宅でも喫茶店で飲むような本格的なコーヒーを淹れることができるようになっていきますので、ぜひ挑戦してみてください。

ペーパーフィルター

ペーパーフィルター

最も手軽で、一番とっつきやすいのがペーパーフィルターです。

ドリッパーもプラスチックから陶器まで様々な素材のものがいろいろなデザインで出ています。

各社いろいろな工夫を凝らし、定番の船型のフィルターだけでなく、理科の実験で使ったようなろ紙や円錐形のフィルターもあります。

凝ったものもよいのですが、フィルターは使い捨てなので価格や入手のしやすさも考えて選んでおかないと
フィルターがないのでコーヒーを淹れることができない、なんてことになってしまいます。

コーヒーを入れた後のカスを処理するのが楽、と言うのがペーパーフィルターの一番のメリットです。

また、コーヒーが少しづつフィルターや器具について酸化し、せっかくの新鮮なコーヒー豆に臭いがついてしまうのですが、いちばん洗うのが難しいフィルターを使い捨てにすることでこれを防止することができます。

よくデメリットとしてあげられるのが「コーヒーに紙の臭いがつく」と言うことですが、今ではそんなににおいの強いペーパーフィルターはそうありません。

気になる方は試しにコーヒーを入れずに熱湯を注いでみて臭いを感じるかどうか確認してみるとよいと思います。

ちなみに、ペーパーフィルターを使ったコーヒーの淹れ方は、ハンドドリップでコーヒーを淹れてみようを参考にしてみてください。

ネルドリッパー

ネルドリップ昔からコーヒー通の憧れになっているのがネルのドリッパーです。

要するに目の細かい布ですが、お湯がまんべんなく通り、コ-ヒーがもっともおいしく入れられると言われています。

にもかかわらず、あまり使う人がいないのは手入れに手間がかかるからです。

使い始めの時に十分に煮たてて臭いをとり、使う前にも濡らしてからコーヒーを淹れます。

そうしないとコーヒーが繊維の奥にしみて美味しいコーヒーが飲めないばかりか、次に使うときの臭いの原因にもなります。

コーヒーを淹れた後も丁寧に洗って粉を流します。

いくら良いフィルターでも手入れが悪くて余分なものがついていたらおいしいコーヒーは飲めません。

ある程度定期的に使うようであれば、水につけたまま冷蔵庫に入れておくと酸化臭の防止になります。

この場合でも、粉はきちんと落としておいてください。

ステンレスメッシュ

ステンレスメッシュ最近、よく見かけるようになったのが金属製のフィルターを使ったドリッパーです。

高級品は汚れが付きにくいように金めっきをしたものもあります。

以前の金属フィルターでは目が粗くて粉が落ち、ざらついたコーヒーになってしまいましたが、最近のフィルターは精度が高くて
他のフィルターに近いコーヒーを淹れられます。

ただし、ちょっとでも粉が混じっていると気になると言うならやめておきましょう。

合成繊維不織布

洗って使える

いかめしい名前になってしまいましたが、いわゆる「洗って繰り返し使える」と言うフィルターです。

ペーパーフィルター用のドリッパーにセットして使いますが、とにかく繰り返し使えるというのが
最大のメリットです。

使うのも洗うのもネルほど手間がかからず、ペーパーのようにいつの間にかなくなっていた、と言うこともありません。

ただし、洗い方が甘いとやっぱり臭いはついてきますし、干しておくとちょっと見栄えが悪いと
言うデメリットはあります。

【まとめ】

道具はいろいろありますが、一番の味の決め手はコーヒーそのものです。

自分に合った道具を使ったほうがより楽しくコーヒーを淹れることができますが、まずは手に入りやすいものでドリップに挑戦することが大切です。

挽き方やお湯の温度による味わいの違いなど、やってみるとどんどんコーヒーの世界が広がります。

気に入らないと思ったコーヒーも淹れ方の工夫で飲みやすくなることもあるので、できればミルとセットで楽しむのがオススメです。

どこまで凝るかは人それぞれですが、やってみると奥が深くて毎回新しい発見ができるかもしれません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

コーヒーミルの種類とそれぞれの特徴やメリット

コーヒーカップの種類と特徴を詳しく解説

      2015/01/15

 - コーヒードリッパーの選び方