コーヒー豆選び!おすすめランキング

当サイトでは、おすすめのコーヒー豆を厳選し、ランキング形式でご紹介しています。その他コーヒーに関するお役立ち情報も掲載しています。

コーヒーミルの種類とそれぞれの特徴やメリット

【はじめに】

日本でもコーヒー文化はすっかり定着し、家庭で自分でコーヒーを淹れて飲まれる方も増えました。

コーヒー豆は生豆に熱を加えて焙煎し、それをミルで粉砕して淹れますが、コーヒーの風味は焙煎した段階から香りが次第に減少していく性質を持っています。

さらに豆をミルにかけて粉砕するとその風味の遠方はさらに加速するために、できるだけ美味しいコーヒーを飲むためには「飲む直前に挽く」ことが大切になります。

ご家庭でも使用できるタイプのミルもたくさん出ていますので、いくつかの方式のミルを紹介します。

【手動式】

手動コーヒーミル

モーターを使わずにハンドルを手で回すタイプです。
木製のものはインテリアとして見たことがある人も多いと思います。

可愛らしいデザイン製の割には意外とミルとしての性能も備わっており、挽き方の微調整もできます。
ただ家族数人分を一度に挽くご家庭や、一日の何杯もコーヒーを飲む人には不向きです。

時間がかかり、その労力はかなりのものです。
低価格で売られていますが、ステンレス製の実用性を高めた製品も有ります。

【カッター式】

カッター コーヒーミル

安価で非常に小型のカッター式ミルは入門用として最適です。
掃除などのお手入れも楽で非常に取り扱いやすいものです。

ミキサーと同じ原理で、豆を細かく挽くには時間を長くして調整します。
カッター式の難点は「精度」です。

挽きムラができるために粗挽き、中挽き、細挽き、など、細かく調整することが難しく、業務用では存在しません。

【グラインド式】

喫茶店など業務用で最も使われているタイプです。
2枚の刃の間ですり潰すようにコーヒー豆を挟んですり潰していく「石臼」の原理です。

挽く豆の細かさの指定は自由自在で、精度の高い挽き豆が出来上がります。
音が大きいのと大型のものが多いこと、そして熱を持つことが難点とされています。

コーヒーは実際に淹れるまでは熱を加えずに保存することが大切で、ミルで挽くときにでもあまりの高い熱が加わると風味が落ちてしまいます。
使用する時は、その時に飲む分だけ挽くように心がけます。

家庭用でも高額なものがほとんどです。

【コニカル式】

これもグラインド式と原理は同じですが、臼状の歯が立体的な形状をしている構造です。
コニカル式の利点は低速回転のために音が小さく、熱もでにくいところです。

家庭用でもかなり性能の高いものがあり、最近とくに普及している方式のミルです。

【エスプレッソ専用】

近年エスプレッソが流行して、エスプレッソマシンも普及しています。
エスプレッソの豆は非常に細かく挽く「極細挽き」で、カッター式のミルでは挽くことができません。
そのエスプレッソの豆を挽くことに特化したミルもあります。

【まとめ】

コーヒーはリラックスできる時間をつくる為に最適な嗜好品ですが、ただ淹れられたものを飲むだけでなく、豆を選んで準備して飲み終わるところまでを楽しめる奥の深い趣味です。

こだわった器具や豆を選んで使ったり、豆と淹れ方の知識が増えていくことも楽しみのひとつと言えるでしょう。

おすすめのコーヒーミルは、コーヒーミルでコーヒー豆を挽いてみようを参考にしてみてください。

このページを読んだ方へ おすすめ厳選記事

味しいコーヒーとまずいコーヒーの特徴を一覧にしてみた

コーヒー豆の品種と特徴を知ろう

コーヒー豆の品質~高品質豆をどう見分けるか~

   

 - コーヒーミルの種類と特徴