コーヒー豆選び!おすすめランキング

当サイトでは、おすすめのコーヒー豆を厳選し、ランキング形式でご紹介しています。その他コーヒーに関するお役立ち情報も掲載しています。

コーヒー豆の保存方法の種類とやり方

コーヒー豆は非常にデリケートな生きた食材です。
保存方法によっては、たとえ新鮮なコーヒー豆であっても、すぐに風味豊かなコーヒーを淹れることができなくなります。
コーヒー豆の性質を知って適切な保存の仕方を覚えましょう。

【1.粉と豆の違い】

コーヒーはできれば豆のままで購入し、淹れる前にミルにかけるのが美味しく飲むコツですが、ミルを持っていなくて粉で買った場合は冷凍保存をし、なるべく早く飲み切るようにします。

豆の場合は粉よりも日持ちします。
コーヒー豆は光を吸収して変質する性質がありますので冷暗所に保存するようにしましょう。

コーヒー豆は脱臭剤にもなるほどに吸収性が高い性質なので、プラ容器などはしっかりと洗って臭いを取ってから使用することも大切です。

【2.ガラス製容器】

蓋を針金ぼフックで止めるものは密閉性も高く残量もわかるので粉の保存に向いています。
冷凍庫に入れておけば光による変質も避けられます。
タッパーなどよりは高いですが、パッキンの劣化にだけ気をつければ耐久性もかなりあります。

【3.ステンレス製容器】

見た目もファッショナブルで豆、粉共に使えます。
特殊包装(豆の呼吸ができる)の豆なら袋ごと入れて冷暗所に、粉を入れる場合でも光を遮断してくれますので豆の劣化は防げます。

ドリッパーやサーバー、カップなどのデザインに気をつけているのに、保存容器だけ現実的なものを使ってしまうと雰囲気は台無しです。

コーヒー器具メーカーのものならデザインのマッチングもしやすいおしゃれな商品がたくさんありますので、テーブルの上に置いておくとインテリアの一つとして輝いてくれるでしょう。

【4.陶器製】

こちらもデザインが好みなら保存性も高く豆の劣化を防げます。
できればコルク蓋のものよりもフック型の完全密閉ができるものを選びましょう。
保温性が高く温度変化が緩やかなので、冷凍庫から出した時に結露がつきにくいのがメリットです。

【5.真空型】

コーヒー豆は空気に触れると酸化して風味が落ちます。
プラスティックやガラス容器のフタ部分に「真空処理」をする機能がついた保存容器は「酸化」を防ぐ意味では効果的です。

少し値段は高いですが効果の高さで愛用者は増えています。
透明な商品が多いので暗い所に置くようにします。

【まとめ】

コーヒーが美味しく淹れられる期間は意外と短く、粉なら1~2週間、豆でも1~2ヶ月といったところです。
「なるべく早く使いきってしまう」ということがまず基本であることを知っておかなければいけません。

   

 - 未分類