コーヒー豆選び!おすすめランキング

当サイトでは、おすすめのコーヒー豆を厳選し、ランキング形式でご紹介しています。その他コーヒーに関するお役立ち情報も掲載しています。

上島珈琲店の特徴や評判、人気商品は?

上島珈琲店

日本のコーヒー文化と共に歩んできたユーシーシー上島コーヒーは、現在日本で流行するシアトル系、サードウェーブ系コーヒーショップとはまた違ったコンセプトにより、独自の進化を続けるコーヒー企業です。

戦後急増した喫茶店の業務材料としてのコーヒー豆の供給から、スーパーなどでも手軽に購入できるレギュラーコーヒー豆の販売、またカフェの出店など、日本のコーヒーカルチャーはUCC無しでは語れないほどです。

「カップから農園まで」と言われ、コーヒー農園の経営かラコーヒーショップの運営まで、すべての過程を一社でやってのけているのは世界的に見ても稀な存在です。

【上島珈琲店の特徴】

古き良き日本の喫茶店の良さを残し、決してセルフサービスやエスプレッソなどを導入しないところに上島珈琲店のこだわりと特徴があると言えます。

抽出方法は斬新かつ独創的であり、フェンネルを使用した自社開発のドリップマシンとダブルドリップ製法は完全なるオリジナル製法です。

コーヒーの旨味成分を引き出す最良の抽出方法として知られる「ネルドリップ・コーヒー」が抽出できるマシンは、ペーパードリップよりもさらにコーヒー感の強い風味が楽しめます。

深煎り気味の焙煎は渋みのある緑茶に慣れ親しんだ日本人の舌に最も相性が良いとされ、どっしりとした味わいにはファンが多く存在します。

一杯抽出ではありませんが、その分スタッフの技術の有無による味のばらつきが無く、どの店舗でも安定したコーヒーを提供できる利点があります。

また上島珈琲店がこだわる「ミルクコーヒー」も日本では古くから親しまれてきたもの。

これに注目して研究を重ねてできたのが『ダブルドリップ抽出』です。

一度ドリップしたコーヒーを新しい粉でもう一度ドリップするという、これまでのセオリーからかけ離れた大胆な方法です。
これによりミルク負けしないしっかりコーヒーの風味が残るミルクコーヒーをつくることに成功しています。

ラテやマキアートとはまた違った観点から「甘くて美味しいコーヒー」を追求した日本人らしい発想であると言えます。

【評価・口コミなど】

現在一大ムーブメントを巻き起こす外資系コーヒーショップを飲み歩き、何気無しに入った上島珈琲店で、伝承される「日本のコーヒー」の素晴らしさを再確認する人も多くおられます。

深煎り気味の焙煎でほどよく苦味とコクがある日本人の好みの味は、年配の方が持つ「美味しいコーヒー」の条件を十二分に満たしているようです。

こういった人たちにとって現在流行のエスプレッソや浅煎りのコーヒー豆で淹れられたコーヒーはキツすぎたり、薄すぎて物足りなかったりするようで、これがある意味日本人のコーヒーに対しての味覚的な価値観なのかも知れません。

【人気メニュー・オススメ】

上島珈琲店は独自製法や斬新な発想によるメニューがたくさんあり、中には目を疑うような大胆なものもあります。

・黒糖ミルクコーヒー
(ホット・アイス)S¥370/M¥410/L¥530

シアトル系などでは”ラテ”に相当する日本のミルクコーヒーに黒糖を加えたもので、ダブルドリップ抽出のしっかりとしたコーヒーがベースで、普段オーレを飲まない方でも十分に楽しめる一品です。

無糖のミルクコーヒーもあります。

 

・ブルボン・ヴァニラの無糖コーヒー
S¥400/M¥450/L¥570

コーヒー・カカオ・ヴァニラの生産地レ・ユニオン島のヴァニラを使用する香り高いコーヒー。
”無糖”とするのは、ヴァニラが持つ甘い香りでコーヒーの味を引き立てるためであり、高級ヴァニラと質の高いコーヒー豆のマッチングが素晴らしい一品です。

 

・アイス金胡麻ミルクコーヒー
S¥460円/M¥510/L¥630

ダブルネルドリップコーヒーをベースに、アイスクリームをフロートし、なんとそこに”金胡麻”を加えるという、コーヒーの概念から逸脱したようなコーヒーです。

これを見て驚かれたり、中には笑ってしまわれる方も続出する注目のコーヒーですが、意外や意外、ゴマとコーヒーがこれほどまでに相性が良いものなのか・・と感嘆してしまいます。

さすがは長年コーヒーとか変わってきたUCCが考えただけあり、単に奇をてらったものでないことだけは確かです。

【まとめ】

嗜好品はその国の生活と食文化に大きく影響され長年かけて定番化するものです。

ユーシーシー上島珈琲は日本人の味覚にもっとも適したコーヒーの研究を続けてきた企業であり、実店舗で出されるコーヒーを口にすると、どこか懐かしく、心がほっとするような感覚が起こります。

店舗の造りもそういった特別な時間をゆっくりと過ごすための配慮がなさていて、落ち着いてコーヒーと余暇を満喫できる空間です。

上島珈琲店の公式サイトはこちらへ

関連記事

コメダ珈琲店の特徴や評判、人気商品は?

ブルーボトルコーヒーの特徴や評判、メニューは?

   

 - 人気コーヒー店の特徴や評判